利息が比較的低い目的別カードローン

投稿者: | 08/08/2015

20150729163910 カードローンを利用する方で最も多いのが、目的別カードローンではないかと思われます。車や家の場合は、銀行で取り扱いされているローンを考えている方が多いと思いますが、大手企業の正社員や公務員、専門職等、安定かつ、高い収入が保障されている方しか融資が受けられないのが現状です。
現在、大手の企業においては、業務のアウトソーシング化が進んでおり、純粋に大手の企業の正社員で働いている方は少なく、請負会社側は、正社員雇用で働いている方は全社員の数%であり、ほとんどが契約社員、派遣社員、パート雇用です。

その点、カードローンは、利用できる方の幅が広がっており、車の購入等、多額の費用を必要とする際はカードローンサービスの1つである目的別カードローンをお勧めします。必要書類は、フリーカードローンの申し込みで必要とされる身分証明書と健康保険証の他、収入証明書、購入検討している商品の見積書や請求書です。

目的が明確になっているという事もあり、借入した金額は、その商品を販売している店舗の代金振り込み先口座へ直接入金されるケースが多いです。借入した本人の口座に振り込んでも、そのお金を代金振り込み先口座へ振り込まなければならない事には変わりありませんので、余分な手間がかかります。

目的別カードローンは銀行系や信販系がお勧めです。銀行系は低利息であり、信販系は、支払い途中で、月々の返済額を変更する事が可能であるというメリットがあるからです。車を購入する場合は、ゴールドカードの方は金利が低くなる場合が多いですし、更に信販系は借入した金額分のポイントが付与されますので、かなりお得と言えます。