使用目的が明確になっている方は低金利の利用が可能である。

投稿者: | 10/11/2015

 車を購入したい、家をリフォームしたいという方は、ローンを利用するという方法が思い浮かぶと思います。何らかの使用目的が明確になっておれば、目的別カードローンが利用できる可能性があります。在宅ワークや内職を考えている方は、個人事業主を目指す事を目的としたカードローンの利用ができます。その他、冠婚葬祭時の衣装代等の諸経費、急な傷病による治療費や入院代等、車関係の場合は新車購入のみならず、車検でも目的別カードローンを利用する事もできます。

引っ越しの際は、引っ越し費用を借りる目的で目的別カードローンが利用できます。インターネット等でカードローンに関する内容は沢山掲載されています。しかしカードローンの種類は数多くあり、どのカードローンを利用したらいいのか戸惑う方も多いと思います。カードローンの比較サイトという企業別、サービス内容毎のカードローンに関する詳しい情報が掲載されており、とても分かりやすいです。同じ新車購入を目的としたカードローンサービスであっても、企業によって内容が異なります。融資額の受け取り方ひとつにおいても違いがあるようです。利用者が指定した口座への入金が可能なところもありますが、大半は商品を購入した店舗への口座へ直接入金するパターンが多いようです。手続きはフリーカードローンと若干異なり、身分証明書と健康保険証の他、収入証明書や商品の見積書や請求書、納品書など、使用目的が明記されている書面の提出が必要となります。