浸透してきたカードローン

この数年の間、カードローンという言葉を良く耳にするようになりました。

経済面で見通しが付かない上、生活を営む際に必要な生活費用の増加により、借入する方が増えてきているという事も理由の1つではありますが、実は他にも大きな理由があります。

銀行や、消費者金融等、貸金業を営んでいる企業においても、集客率を上げなければならないという事情があり、新たなサービスとしてカードローンという取り組みを始めている所が急増している状況です。カードローンは消費者金融やクレジットカードを扱っている信販会社では、従来からあったサービスでありますが、銀行では取り扱いが無く、ローンといえば、マイカーローンや住宅ローンといった、目的が明確になっているもののみに留まっておりました。

もちろん、その銀行と預貯金等の取引を行っており、通帳を所持している方のみがサービスを使用できます。ところが、現在では、多くの銀行でカードローンのサービスを取り扱うようになりました。目的が明確である肩対象の目的別カードローンはもちろん、使用目的が特定されていない方でも利用できるフリーカードローンというサービスを扱う銀行が増えてきました。しかも、その銀行と元々取引が無くても利用が出来るようになっています。

銀行のカードローンなので、通帳を作らなければならないと思う方も多いと思いますが、通帳を作る必要もなく、カードローン用のキャッシングカードのみを作るだけで利用できます。ひと昔前の銀行の体制では考えられない事ですが、客層を広げていく事で、収益を上げていかなければなりませんので、このような手段に踏み切ったのではないかと思われます。一般のキャッシングサービスと混同しそうですが、若干内容が異なる事が多いようです。

取り扱っている会社によってもサービス内容が異なりますので、自分に合ったカードローンを選ぶようにしたいものです。インターネット環境が当たり前になっている今、カードローンの比較サイトも沢山ありますので、ぜひ活用してみてはどうでしょうか。

やはり大手が安心

カードローンを利用するにあたってとりあえずはどこに申し込めばよいのか迷う人も多いでしょう。
カードローンといっても色々な企業があります。街金と言われる中小、零細の貸金業者から世界的なメガバンクまで金融機関は様々です。
そうした中からどれを選ぶかといえば、やはり大手のカードローンということになります。

消費者金融であればアコムやプロミス、銀行であればみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などが候補にあがってきます。
こうした大手企業のカードローンは利用するうえでの利便性にとんでいます。
金利は低金利、ATMなどの借入、返済インフラは豊富、信用を積み上げれば中小の消費者金融では絶対不可能な額も限度額として設定してもらえたりもします。

むろん、審査もそれなりに厳しいものはありますが、たとえパートであっても収入があり、他社からの借り入れがないか、あっても1社とか2社程度であれば審査は通る可能性が結構あります。

気になるところがあればまずは一社、申し込んでみると良いでしょう。

ネットショッピングを利用する方に適している

 ネットショッピングを利用している方は、カードローンを利用する事でかなりお得になる事があります。

20150928131346一見、カードローンとネットショッピングはあまり関連性が無いように感じますが、これは、IT系の企業で、カードローンを扱っており、かつネットショッピング事業を展開している場合、ポイント還元率が高い事があるという事が理由です。

現在、様々な企業でカードローンサービスを提供しており、ネットショップにおいても、大きな運営母体があり、その中でショッピングモールを展開している所が多いです。企業の規模が大きく、当然ながらネットショップ事業だけを展開している訳ではありません。ネットバンクやクレジット会社を運営している場合、相互のサービスがお得に利用する事が実現できます。

例えば、カードローンで借入した額に応じてポイントが付与され、貯まったポイントは同じ系列のネットショップで商品の購入費用に充当ができます。期間や利用条件によっては、ボーナスポイントが加算される事が多く、最大数万円分のポイントが付与されるようです。もちろん利息は付きますが、IT系のカードローンの場合は、通常のカードローンよりかなり利息が低いですので、かなりお得です。

ネットショップを運営しているIT系の企業のクレジットカードを所持している方は、これらのお得なサービスが受けられます。IT系クレジットカードは持っておくといいです。もちろん街でも使えますし、様々な飲食店や店舗、コンビニエンスストアと提携しており、更にお得にポイントが貯まります。

一般のキャッシングより融資額が少なく借り過ぎを防ぐ事が可能

20150928131151 カードローンは、初めて借入を行う方にとってはお勧めしたい借入サービスと言えます。
まず一般のキャッシングより金利が低い事が多い事が挙げられます。
次に月々の支払額が低い事が多いという事です。そして融資可能額が低いという事もお勧めの1つです。融資額が少ないと不便を感じるかもしれませんが、お金を借りると言う癖はあまりつけていいものではありません。人間、経験していない事に対しては多少なりとも不安を感じるものです。しかし、1度経験すると、不安は解消され、回数を重ねていくごとに慣れが生じてきます。仕事等の経験は大いに重ねていき、慣れるべきですが、お金を借りる事に慣れてしまうと、借金を抱え込んでしまうケースに陥りやすくなります。

最初は必要最小限に借入をとどめているものですが、回数を繰り返すごとに、些細な事でお金を借りるようになります。そして、お金がなければ借りたらいいという概念が出来上がってしまい、今まで使い過ぎないようにと、普段の生活においても節約をしていた事が煩わしくなり、横着になってきます。

その積み重ねが災いし、最悪の場合は債務整理や自己破産をせざるを得なくなります。そうなると、本当に必要な時にお金が借りられなくなります。カードローンは審査も厳しく、手続きも通常のキャッシングサービスより煩雑である事が多いです。このように、手続きが煩雑で、融資額が少額となれば、お金を簡単に借りられるという概念を多少なりとも制御できると思われます。

使用目的が明確になっている方は低金利の利用が可能である。

 車を購入したい、家をリフォームしたいという方は、ローンを利用するという方法が思い浮かぶと思います。何らかの使用目的が明確になっておれば、目的別カードローンが利用できる可能性があります。在宅ワークや内職を考えている方は、個人事業主を目指す事を目的としたカードローンの利用ができます。その他、冠婚葬祭時の衣装代等の諸経費、急な傷病による治療費や入院代等、車関係の場合は新車購入のみならず、車検でも目的別カードローンを利用する事もできます。

引っ越しの際は、引っ越し費用を借りる目的で目的別カードローンが利用できます。インターネット等でカードローンに関する内容は沢山掲載されています。しかしカードローンの種類は数多くあり、どのカードローンを利用したらいいのか戸惑う方も多いと思います。カードローンの比較サイトという企業別、サービス内容毎のカードローンに関する詳しい情報が掲載されており、とても分かりやすいです。同じ新車購入を目的としたカードローンサービスであっても、企業によって内容が異なります。融資額の受け取り方ひとつにおいても違いがあるようです。利用者が指定した口座への入金が可能なところもありますが、大半は商品を購入した店舗への口座へ直接入金するパターンが多いようです。手続きはフリーカードローンと若干異なり、身分証明書と健康保険証の他、収入証明書や商品の見積書や請求書、納品書など、使用目的が明記されている書面の提出が必要となります。

初めてキャッシングをされる方でも安心して利用できる

20150928130737 カードローンは様々な会社がサービスを行っており、ここ最近では銀行でもカードローンを取り扱っている所が増えています。今となっては、ほとんどの銀行がカードローンを扱っているのではないでしょうか。

借入に対する抵抗を感じる方は多く、借りたら人生の終わりとまで感じる方も中にはおります。もちろん浪費により借金をされている方は、むしろ、そういう意識を強く持つべきではありますが、医療費や冠婚葬祭費、災害等、何らかのトラブルによって、多額の出費を要した場合は、やむを得ません。罪悪感を感じる必要もないかと思いますが、カードローンは、そのような方対象に、安心して利用できる事を目的としたものが多いです。

銀行系カードローンや信販系カードローンであれば、低金利であったり、月々の支払額も低い設定となっている事が多く、負担が少なくて済みます。また、銀行系や信販系のカードローンの場合は、あらかじめ、その銀行のクレジット機能付きキャッシュカードや信販会社のクレジットカードを所持している場合は、クレジットカードを発行する際に、年収等の深刻が完了している為、審査にも時間がかかりません。

むしろ、いくらまで融資可能といったダイレクトメール等のお知らせが届くくらいです。あとは必要書類を準備して申し込みをするだけで、融資が受けられます。ただし、クレジット会社等から、既にショッピング枠等で、借入額がある場合は提示されている融資額が変わりますので、注意して下さい。

月々の支払額を変更したい方にお勧めである

 カードローンでは、月々の支払額が指定できない場合が多いですが、今までキャッシングローンやショッピング枠で分割払いを行っている方で、現在の支払額を変更したいと考えている方は、カードローンに乗り換えるという方法が有効です。
取り扱い企業によって、月々の支払額が異なりますので、希望の支払額を設定しているカードローンを選択するといいでしょう。

ただ、カードローンを利用開始してからの支払額の変更はできませんので注意して下さい。カードローンで借入したお金は、分割以外では、残高一括返済しか適用しません。

利息の負担を減らしたい方は、返済をしつつ、手持ちの現金を増やしておくといいです。ある程度手持ちの現金が増え、借入金の残高位の金額になった時点で、一括払いをするといいです。借入額にもよりますが、トータルの支払い回数の半分以下であれば、残高一括返済を行う事で、かなりの金利分は浮かせる事ができます。

反対に3分の2以上支払いを終えている場合は、ほとんど金利の支払いが完了している状態であり、残高一括返済のメリットは少ない為、そのまま月々の分割を続けた方が良いかと思われます。利息を浮かせるという事に重点を置かずに、月々の負担を軽減したい方は、カードローンに切り替えた方が、負担は少なく、終盤になると、最初に設定されている月々の支払額を割る事が多い為、負担が徐々に減っていきます。利用する前に、複数のカードローン会社で月々の返済額のシミュレーションを行うと、イメージがしやすいです。

複数の借り入れをまとめたい場合に適している

 カードローンは借り入れたお金をある一定の金額を月々支払っていく方法であります。返済方法は主に指定口座からの引落となります。キャッシングローンは一定の金額を月々支払う方法である事には変わりありませんが、指定口座の引き落としだけではなく、ATMへの振り込みや、月々の支払いに加え、増額返済をする事も可能です。

利息については、若干カードローンの方が安い事が多いようです。取り扱っている企業によって、返済方法や利息が異なるようですので、よく調べてから利用するようにしましょう。

カードローンを利用する方で比較的多いのが、おまとめ返済を目的とした利用です。複数ある返済期日を1日にまとめる事ができ、管理が簡素化されます。そして、借入額の総額が100万を超えた場合は、おまとめ返済専用のカードローンを利用する事で、利息の負担が減る事が多いようです。

こちらについては、カードローンを利用する前に、しっかりとシミュレーションなどを行い、情報収集をするようにして下さい。利息の負担が変わらない場合や、反対に増えてしまう場合があります。月々の最低支払額は、キャッシングローンより少ない事が多いようですが、あらかじめ、月々の支払額が決まっており、自分で好きな額を指定する事が出来ない場合があります。注意しなければならないのは、年間の利息のパーセンテージがキャッシングローンより少なくても、月々の支払額が低額で、しかも指定されているとなると、支払い回数が増え、借入期間が長くなります。その結果、実質支払い利息が軽減しない場合があるようです。

重要な部分を分かりやすく記載している

 キャッシュカード、クレジットカード、保険等、金銭に関する商品には、必ず商品に関する重要事項を記載した冊子や書面が添付しています。しかし、実際に目を通すと、非常に活字が多く、字も細かく、とても見づらいものとなっています。必ず目を通して下さいと記載していても、目を通す気にもなりませんし、重要事項と言っても、どこが重要事項なのか理解に苦しむ方がほとんどです。ちなみに重要事項というのは、利息や年利に関する事、もし支払いを遅延した場合の延滞金に関する事項等が記載されています。専門用語も多く、理解するまで時間を要します。

広告を出している企業すべてに共通する事ですが、大きな字で記載されている内容より、小さな字で記載されている内容の方が重要です。

収益を出す為の広告ですので、集客要素が高い内容は強調して記載しますが、本当に注意すべき点は、収益を出すにあたり、デメリットになる事が多いですが、記載しておかないと訴訟にもなりかねない為、小さい字で記載するという方法を取っているようです。

カードローンの比較サイトでは、このような金融商品に記載されている重要事項や注意事項を分かりやすく記載しています。比較サイトには、カードローンの商品情報だけではなく、金融商品全般に共通する情報や、利息に関する内容、延滞金について、更には、自己破産や債務処理に関する情報まで掲載されています。また、比較サイトに記載されている情報に目を通してから、カードローンに添付されている書面に目を通すと、内容が理解し易くなります。

複数のカードローン利用のシミュレーションが簡単に出来る

 カードローンに関する情報はあまりにも多く、取扱いしている企業もかなり最近になって急増している状態です。ひと昔前は、カードローンも含めキャッシング等を検討する際は、企業ごと、商品内容ごとに資料を取り寄せたり、店舗に赴き詳しい説明を聞きに行く事となります。これはかなりの時間の浪費になりますし、そもそもローンを検討している方は、お金の工面に急を要するケースがほとんどであり、のんびりと資料を請求して吟味する猶予はありません。一刻も早く現金が必要なのです。
しかし、まともに情報収集せずにカードローンを契約する訳にもいかず、より短時間で、効率良く、自分に合ったカードローンを探したいものです。

そこで、比較サイトを利用する事で、今までに何日も期間を要していた、カード会社の情報や、カードローンの詳しい商品情報が僅か数分程度で確認できます。

それだけではなく、融資がどのくらい受けられるのか、月々の支払い額、総支払い回数をパソコンの画面上でシミュレーションする事が出来ます。あくまでもシミュレーションですので、実際の融資額可能額や支払い額と多少誤差はありますが、大まかにどのくらいの出費が必要となるのかは把握できますので、計画は立てやすくなります。

シミュレーションも簡単で、希望借入額と年収を入力するだけで、大よその融資可能額が算出されます。計画的に利用する為にも、シミュレーションは行っておきます。このくらい借りられると思っていても、実際に借りられるお金が少ないケースがあるからです。

自分に合ったカードローンを効率良く見つけられる

 カードローンを扱っている企業はかなりたくさんあります。消費者金融を一番に思い浮かべる人もいると思いますが、銀行や信用金庫もかならずカードローンを取り扱っています。そこまでたくさんあるとどのカードローンを選んだらいいのか分からない、そんな方はかなり多いと思います。カードローンに関する情報はかなり多く、どれが信憑性が高いのかどうか判別がしづらいです。そして探すのが億劫になり、最も広告で目にするカードローンを選んでしまい、後々もっとお得に利用できるカードローンがあった事に気が付いてしまうというパターンに陥ってしまう事となります。

そんな事にならない為にも、カードローンは慎重に選びたいものです。借りたお金は利子をつけて返さなければなりません。返済の期間は決して短くありません。最低1年以上かけて返済していく事がほとんどです。長い付き合いとなりますので、より良いカードローンを利用したいものです。

比較サイトは、多くあるカードローンに関する情報の中から、自分に必要な情報だけを短時間でスムーズに探し出す事が出来ます。検索画面には、使用用途と、月々の希望返済額や返済期間等、気になる項目をチェックし、検索ボタンを押すだけで自分の条件に合ったカードローンだけをリストアップする事が可能です。その中から自分に合ったカードローンを見つけるだけでいいですので、とても簡単です。比較サイトも沢山ありますので、いくつかの比較サイトで比べてみて、複数のサイトでヒットするカードローンがあれば、迷わずそのカードローンを選ぶと間違いはないです。併せて口コミも記載されている為、こちらも参考にしてみたらいいでしょう。

1 2 3