浸透してきたカードローン

この数年の間、カードローンという言葉を良く耳にするようになりました。

経済面で見通しが付かない上、生活を営む際に必要な生活費用の増加により、借入する方が増えてきているという事も理由の1つではありますが、実は他にも大きな理由があります。

銀行や、消費者金融等、貸金業を営んでいる企業においても、集客率を上げなければならないという事情があり、新たなサービスとしてカードローンという取り組みを始めている所が急増している状況です。カードローンは消費者金融やクレジットカードを扱っている信販会社では、従来からあったサービスでありますが、銀行では取り扱いが無く、ローンといえば、マイカーローンや住宅ローンといった、目的が明確になっているもののみに留まっておりました。

もちろん、その銀行と預貯金等の取引を行っており、通帳を所持している方のみがサービスを使用できます。ところが、現在では、多くの銀行でカードローンのサービスを取り扱うようになりました。目的が明確である肩対象の目的別カードローンはもちろん、使用目的が特定されていない方でも利用できるフリーカードローンというサービスを扱う銀行が増えてきました。しかも、その銀行と元々取引が無くても利用が出来るようになっています。

銀行のカードローンなので、通帳を作らなければならないと思う方も多いと思いますが、通帳を作る必要もなく、カードローン用のキャッシングカードのみを作るだけで利用できます。ひと昔前の銀行の体制では考えられない事ですが、客層を広げていく事で、収益を上げていかなければなりませんので、このような手段に踏み切ったのではないかと思われます。一般のキャッシングサービスと混同しそうですが、若干内容が異なる事が多いようです。

取り扱っている会社によってもサービス内容が異なりますので、自分に合ったカードローンを選ぶようにしたいものです。インターネット環境が当たり前になっている今、カードローンの比較サイトも沢山ありますので、ぜひ活用してみてはどうでしょうか。

カードローンの有効活用方法について

20150729152658 カードローンを利用する際に必ず守らなければならない事があります。それは、計画的な利用を心がける事です。

そんな事は言われなくても分かっていると思うかもしれませんが、1度借入を行うと、次からはあまり借入に対して抵抗を感じなくなってしまうものです。借入を行う事に対して抵抗を感じる気持ちは失わないようにして下さい。

その上で、カードローンを利用する事で、より生活が便利になります。まず、借入は必要最小限にとどめておく事が大事です。そして、必要経費として必要なものだけを借入します。

娯楽費やショッピング費用の足しで借りるのはやめましょう。カードローンのメリットは、月々負担少なく返済する事であります。そして、もう1つのメリットとして挙げられるのが、取り扱っている企業によってはポイントが付与される事があるという事です。

クレジットカードのポイントと同じように考えたらいいでしょう。

貯まったポイントは商品の交換や、キャッシュバックが出来るようになっています。同じ支払い義務が生じるものであれば、ポイントが貯まるカードローンを利用した方が、よりお得という事です。

例えば、税金の支払い等は、そのまま手持ちの現金で支払っても何の付与もありません。カードローンで支払う必要がある額だけを借入し、そのお金で税金を支払います。そして、借入して1~2ヶ月経過した時点で一括返済をします。そうする事で、支払う利息も可能な限り最小限に抑えられます。

カードローン利用においての注意点

20150729152428 カードローンは、急な出費が出た場合、割と早く借入ができ、なおかつ負担を最低限に抑えて月々少しずつ返済できるという大きなメリットを持ち合わせていますが、軽く考えると必ず痛い目に遭います。

借りるという行為を行うと、必ず返すという義務が生じます。金銭を含め、物を借りる際は、レンタル料というものが発生します。借入した際に生じる利息は、レンタル料に該当します。月々数千円程を返済に回していけばいいというのは、嬉しい事ですが、調子に乗って、借入を繰り返してしまうと、いつまで経っても返済が終わりませんし、利息も増えていくばかりで、大きな負担がかかってきます。

最終的には、返済が出来ずに、自己破産をせざるを得ないという結果に陥る事も珍しくありません。カードローンには無担保で融資を受けられる場合と有担保で融資を受けられる場合がありますが、返済が滞ると、有担保の場合は、担保にしている不動産等が回収されてしまいます。無担保の場合は、金銭を一括でまとめて回収されます。

その要求に応じなければ、裁判所等の公的機関を通じて、通告が来ます。そうなると、法的処置を強制的に取らされる事となりますので、利用は計画的に行う様に重々心得て下さい。出来れば、おまとめ返済や、車の購入費等、何らかの目的がある時だけ利用するようにします。ショッピングや娯楽費用の足しで借りる事はしない事です。1度借入を経験すると、癖が付きやすいです。

ショッピングや娯楽に関しては、お金を使う機会が多い為、また借りたらいいという感覚に陥りやすいようです。

カードローンとキャッシングローンの違いとは

20150729152252 カードローンとは、キャッシュカードやクレジットカード、もしくは専用のカードを用いて金銭の借入を行い、月々決まった額を計画的に返済するものであります。

キャッシングローンというものがありますが、こちらは、ある一定の金額を借入し、月々決まった額を返済するものですが、専用のカードを用いて行うものもある為、カードローンとあまり区別が付きません。

大きな違いは、返済方法であり、キャッシングローンは引落し、ATMへ赴き返済する等、複数の返済手段がありますが、カードローンは、銀行の口座から引き落とされる方法がほとんどです。

また、キャッシングローンは月々の返済の他、増額返済が可能ですが、カードローンは月々の支払いのみ可能で増額返済が出来ず、まとめて払う場合は、残金一括返済しかできないケースがほとんどです。返済を早く済ませたい方は、キャッシングローン、コツコツと月々の負担を最小限に抑えて返済されたい方は、カードローンが適しているといえます。

カードローンはキャッシングローンより利息が低い事が多いです。銀行系のカードローンは特にそうですが、それだけ審査が厳しく、融資額も少ないです。

そして、カードローンの場合は、キャッシングローンと異なり、職場への在籍確認の連絡が必ず入ります。キャッシングローンの場合も、職場への在籍確認は基本的には必要ですが、健康保険証を所持していた場合は、それで在籍が確認できるという事で、審査に受かる事がありますが、カードローンの融資の場合は、健康保険証を所持していても、確認の連絡が入るようです。